結城紬・大島紬についての誰も知らない話

結城紬や大島紬のような組織の織場

秋場さんは、結城と大島の一級品を専門とする間屋さんで、そういう格の高い老舗は少なくなりました。御主人は、慶応出のスポーツ・マンで、ちょっと問屋さんの中では変わり種です。それだけに、仕事も熱心で、私が店をはじめた時から、ずい分おせわになりました。

ふつうは、紬や木綿の類でも、注文して織って貰うことが多いのですが、結城紬や大島紬のような、組織のととのっている織場だけは、昔から彼等の世話を見うづけている、しっかりした問屋の手を通す以外に、いい品物は手に入りません。意外と、もぐりは多いのです。素人も、はねられたきず物なんかつかむより、信用のある店で買うに越したことはありません。

結城紬について

室町時代に、結城が、毎年、室町幕府の管領に、一紬織を献上していたことから、結城家の名をとって、結城紬と名づけられました。常陸の国では、この頃にはじめて結城家を中心に紬をつくったのではなく、それ以前にも自給自足の形で、木綿織や、絶(アシギヌ)、そして紬がつくられていたのです。

江戸時代に入ると、財政を豊かにするために、結城紬の研究改良をはかり、商品としての価値を高めるよう努め、広く世間にもその価値が知られるようになりました。

明治、大正と需要が次第に増えてきました。特に、奢修禁止令が出たりして、ぜいたくがおさえられた時代には、一見本綿風に見えながら、実は絹製品で、しかもお金がかかっているもの……という意味でおしゃれ心を満足させたのでしょう。戦時中も、技術保存という名目で、量は少ないながらも生産されていました。

国の重要無形文化財の綜合指定を受けた

昭和二十八年に、茨城県の無形文化財の指定、昭和三十一年には国の重要無形文化財の綜合指定を受けました。繭のうち、できの悪いもの、つまり一つの繭の中に蚕が一つだけ入っている正常な繭でなく、二つくっついたものや、形の悪いものなどが真綿の材料にされます。その真綿から、指先で糸につむいでいきます。絣の模様から算出した長さ毎に、細い綿糸でかたくくくり、防染の用意をします。

この糸を、用意してある藍ガメにつけて染色します。この藍ガメは、一・二五メートルの深さの土ガメの中に、藍建をした液を入れ、常に人肌ぐらいの温度に保ちてあるものです。

絣くくりをした糸と地になる糸を、濃度のうすいカメからだんだんに濃いカメヘと、約十六本のヵメにつけて染めあげます。藍は戦前は植物染料が使われていましたが、戦後は化学染料が主です。染めあがった糸は、クいざり機″という織機にかけて織られます。このクいざり機は、わが国で一番古い織機で、編みもののような操作で織っていきます。

一反を織りあげるのに最低十日、最高二百五十日もかかる

ちぢみ製品の場合は、織る前に緯糸に強い撚り加工をしますが、その製品の良し悪しが、この撚り加工によってきまるほど、重要でむずかしい技術です。八丁撚糸機という古風な手回しの機械が多く利用されています。

撚り加工を終え、いざり機で織った後、温湯の中に長時間ひたし、これを力一杯もんでいきます。撚糸加工でつけられた糊が落ち、次第にちぢんでいきます。これをながい経験によるカンで適当な時にひき出し、伸子張にはって乾燥します。

結城紬は、きらきらと、はでやかな感じではなく、おさえた美しさが感じられます。模様には、古代模様や割りつけ意匠がつかわれていて、あまり大きな変化はありません。

糸の質が丈夫で、染めもしっかりしている上に、ふっくらした感じが独特の光沢を併って気持ちよいものです。布地がさらっとしていて軽いので、ひとえの着物に仕立て、入梅期に着るのが、 一番ぴったりすると言えましよう。ただ、作るのに大変手間がかかり(糸を紡ぐことからはじめて、できあがりまでに約一年はかかります)、大量生産ができないのが欠点です(生産様式は、江戸時代から変化がありません。

いざり機によって織る以外、結城の美しさが出せないのです)。また、最近は、繭の品質がよくないので、(と言うより、正常な繭が多く作られ、その製糸化がすすんで、他の有利な織物に向けられるので結城紬に向けられる繭は、以前よりも少し程度のおちたものになっている、と言った方がよいかも知れません)細い糸が作れず、都合の悪い面も出てきています。

しかし、変わった地色のものも作られて、現代の色彩感覚にマッチしたものが多くなっておりますので、外出着や訪問着としても、これからどんどん着られてよいのではないでしょうか。

大島紬について

今からおよそ四百年前、琉球の久米島の人が、中国に渡って織物と養蚕を学んで、久米島絣を作りましたが、後にその方法が奄美大島に伝えられ、これが、大島紬のはじまりになったといわれています。しかしこれは今日のものとは少し違います。

大島紬は、はじめ、真綿から紡いだ糸で作られました。が、真綿からとった糸は、比較的太く、伸び縮みもします。それでは、繊細な感じが出しにくいので、だんだんと、細い絹が使われるようになったのです。それが、現在の大島で、これが作られるようになったのはごく最近のこと、明治時代からと考えられます。

本場大島とはまったく違う

テーチ木(車輪梅)というイバラ料の植物の汁で染めた糸を、泥田につけると、独特の味わいある色調が生まれることが発見され、その独特の味わいを増すための研究が重ねられ、改良されながら現在に至っています。

特徴は、何といってもその作り方にあるでしょう。図案によってわり出された絣にあたる部分を、木綿糸でしめこみます。この方法は大変むずかしく、糸でしめこむことによって、他にはみられない繊細な絣を作ろうとするのです(村山大島は、この糸を使わず、本の版で、糸をはさみこんで防染をするという方法をとるので、本場大島とは、まったく違うわけです)。

テーチ木の幹や根を、斧で小さく割り、それを十時間余り煎出して、テーチ木液をつくっておきます。この液で木綿糸をつかってしめこんだ絣麺(縦糸に木綿糸、横糸に絹糸が使われています)と、地糸になる糸を、繰返してもんで染め、つづいてこれを泥田に持っていき、泥土(藍とまぜたものが使われることもあります) で繰返し、振りつけもみこみをします。

この工程を交互に数十回繰返しているうちに、中に含まれている鉄分と結びついて、堅牢な染めができあがります。こうして染めの終わった糸は、製織工場で織られますが、少し織っては、経の絣がずれているのを針で一木上本調整して、経絣にきちっと合わせていきます。

この複雑な仕事を繰返すのは、女子工員の役目で、前時代的ではありますが、だからこそ、渋味と優雅さをそなえた独自の風格を持つことができるのです。

軽くて、しわがよりにくく、着た時に体の線がはっきりでます。模様が絣なので訪問着にならないという先入観がありますが、最近は、地色にもいろいろ変わった色が使われていますので、外出着はもちろん、訪問着としても利用してよいと思います。藍色のものなどは、よごれがめだちませんし、さばきもよいので、旅行着として最適でしょう。

植物染料が使われ暖かい

紬は何も結城紬や大島紬には限りません。主に信州地方、特殊なところで、美濃の山奥、東京の近くでも織られています。値段も、前者の半分、もしくは何分の一かで求められ、そのわりに質は落ちません。結城紬や大島紬にない、荒っぽい味もあります。

そういう紬が、近頃はやっているのはいい傾向ですが、他に工芸作家の一品制作もあります。値段はピンからキリまでありますが、三度と同じものが織れない所に、美点も欠点もあると思います。

京都の西陣

染織を語るのに、京都の西陣も忘れてはなりません。特に、絹織物とははなすことができません。京都の西北部一帯を、西陣と呼びますが、それは応仁の乱以来からの名称だそうです。ここから何百年にわたって、錦や金襴の類、いわゆる上テの織物を産出し、現在に至っているのですが、その組織の完備していること、技術の優れていることは、何といっても日本一の名に恥じません。

西陣でなければできない錦やつづれ、お召や帯のたぐいは、沢山あるのです。同時に、それらの特徴が、私などにとっては、つまりません。あまりに、完成していて手のつけようがないのです。職人的にすぎるといってもいいでしょうか、精巧すぎる絣みたいなもので面白味も雅致もない。私は、きれいなものが嫌いだというのではありません。

寛文・元禄の着物なんて、ずい分はでなのですが、落ちついている。鷹揚なところがある。必ずしも、地味なものばかりがしぶいのではなく、はででもしぶいものはあり、どうもこのしぶいという味わいははでとか地味とは別な何かであるようです。

芭蕉は、「ソバと俳詣は京の地に合わず」といったそうですが、それと同じような意味で、たとえば紬や木綿がもつような、ザクザクした感じが京都のものにはない。人間も、技術も、機構も、組織も、極度に発達してしまって、あそびがないのです。

私の知っている或る帯屋さんは、創作的意欲のある人ですが、西陣にいるとくさってしまう、といって最近とび出してしまいました。お能やお茶と同じように、完璧なもののもつ息苦しさといえましょうか。その西陣も、最近は次第に外から圧迫されて、生活が困難になりつつあるようです。

が、ここに保存された技術は、かりに組織はおとろえても、一朝丁夕に滅びることはないでしょう。必ず残った人々の力によって継承されていくに違いありません。

鷲猪越三五郎さんは貴重な存在

大正の中ごろ、十四歳で織物の仕事についてから四十数年間をこの世界で過ごしてきました。その間、西陣で手がけるあらゆる仕事は一通り、何でもやってきたというのがこの人の強味といえます。

「買った人が、ぼろぼろになるまで愛着して手元から放せない、そういうものを造るのが私たちの念願」そういっていますが、彼の造る帯は美術工芸の部類に入るでしょう。

図案を書く、といっても絵画的によいものが必ずしも織物として立派なものにならない。そこに織物独特の苦心があるようです。図案を決める。意匠屋に回す。意匠屋は細かい罫紙(方眼紙)の上に、一日ずつ分割して書き写すのですが、これは一人で一週間くらいはかかります。

できあがった「指図」は紋彫、紋編というそれぞれの専門家の手に回って、企画製紋の工程ができあがりますが、鷲猪越さんの場合は、糸を選び、染色を決めるという重要な仕事が残っています。図案のとき以上に、ここでは糸の染色と、織り上がりの効果を見通した鋭い色感が問題となってきます。

たとえば、金銀の箔を使うものは錦織でやろうときめる。これは雅趣のあるものでなければならない。下手をすると、キラキラしたいや味なものになる。帯地だから、当然、重味も必要となる。それにともなう糸選び、配色をする。紙に書いたものと違って、糸を織りなしたときの風合いを考慮しなければならない。以上のようなことを考えた上で工夫するのです。

図案を作成すすには何も惜しまない

図案の参考のためには、洋の東西を問わず、古今の美術書、参考書を手当たり次第買い込む。京都の平安堂とか丸善とか、そういう図書のある店には、一ヵ月の払いが十万円以上になることが珍しぐないといいます。

展覧会なども時間の許す限り欠かさず見る。 一日、早く、よいものを見たら、それだけよいものが早くできる。そう考えて、仕事の栄養となる資本は惜しみなく費したい、そう鷲猪越さんはいつています。

その他、博多織も忘れてならないものの一つでしょう。私の若い頃に、一時はやりましたが、近頃はそれほどではないようです。が、博多の帯は、ことに献上(縞文様に織ちてある)はすっきりしたもので、もっと着られていいものです。これは天文年間に、中国から、明の織り方を伝えたもので、簡単に見えながら、いかに本場の西陣でも、ついに真似することができなかったとか。

それ程個性的な織物といえますが、前に博多へ行ったとき、たずねた織元では、妙にバタ臭いピカソ風の模様とか、ぼたん色や緑に金銀を配したのとか、質は昔ながらの博多織でも、デザインゃ色彩はお話になりません。献上のように単純なものは、東一示でしか売れないのでしょうか。

地方一のこういう¨織元の、時勢に遅れないようにするあせりも、察しられないことはありませんが着物になったとき必ずしもピカソやマティス風が近代的とはいえない、外国へもって行ったらすっきりした献上や棒縞の方が、どれ程受けるかもわかりません。地方の織元には、そういうことも自覚して貰いたいと思います。人真似ではなく、自分自身の模様だからです。

工芸家というジャンルが生まれました

染織といっても、昔は職人しかいなかったのですが、戦争前後から、いわゆる工芸家という、新しいジャンルが生まれました。柳宗悦さんの民芸運動が作り出した職業といっていいのですが、古くは光琳のような芸術家が、着物も描いていたことを思えば、何も新しいことではない。着物の伝統には、はじめから芸術家を必要とするもの、もしくは芸術家の興味をそそるものがあった、と見るべきでしょう。

しあわせなことに、私はその方面に知人が多かったので、「こうげい」の店をはじめるようになってから、いろいろお世話になっています。中でも、柳宗悦氏の甥に当たられる、柳悦孝・悦博の御兄弟は、叔父様の思想を受けついで、織物を専門にし、芸術家というより、実地に職人の技術からマスターした方達で、したがってお話も面白い。

何といっても、いい生地を得なければ、美しい染めものはできません。そういう意味で、織物は、すべての着物の元になるのです。

SNSでもご購読できます。